人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

シンガポール インターナショナルスクール事情

*この記事は2011年に書いたものなので、現在とは事情が変わっています。
2012年度版2012
2014年度版2014
もありますのでご参照下さい。


前回の駐在時もそうでしたが、シンガポールのインターナショナルスクールの人気校。
長~いウェイト・リストがあります。

Singapore American School(SAS)
Tanglin Trust School(TTS)
United World College South East Asia(UWC)

SASはアメリカ国籍保有者、保護者がアメリカ企業勤務優先。
TTSはイギリス国籍保有者優先(英国企業勤務者に優先があるかどうかはわかりません。)。
と自国民優先があります。

UWCには特定の国籍の優先がありません。(Swiss Schoolから7年生に編入する生徒には優先枠があるようです。HPを参照)。

ちなみに3校共「個人または企業で一定のお金を払うと”Wait listすっとばし”」と言うプログラムがあります。

SASがWait listの詳細を教えてくれないのに比べると、
UWCは「今お子さんの該当学年は120人待っています。」とか、
はっきりした数字を教えてくれます。
いつ頃順番が回って来るかも教えてくれます。

が、それが2011年にWait listに乗せて入学は2013年とか、2014年とか007.gif
駐在終わっちゃうし044.gif

Registration Fee(願書を出す時に出すお金)もS$2675と高額。

日本もインターナショナルスクールの学費は高額ですが、
シンガポールもまた同じく高額です。
ほとんど会社持ちだからなんでしょうか?

いや最近は欧米企業の俗に言う「Expats Package」なる物も以前の様に恵まれておらず、
自腹を切って子供の学校の学費を出す駐在員も少なくないようです。

自分のお金を払って行かすのであればそれなりの学校へ行かせたいのが人情です。
しかし、シンガポールのインターナショナルスクールって基本的に「編入試験」がないのです。

(注:日本の外務省のUWCの紹介記事には選考試験があるとありますが、9年生までは書類選考後試験が必要な場合は後日試験を受けます。書類選考だけのケースもあります。)

日本のインターに入る時はどの生徒にも書類選考後試験がありました。
「とりあえずの試験」なのかも知れませんが、学校によっては一定のレベルに到達していないと入学を断られます。

しかし編入試験も偏差値もない(当たり前だけど)いシンガポールのインターナショナルスクールに関しては、「どこが一番良い」とか「一番優秀」は好みの違いとしか言いようがない様な気がします。

書類選考後に試験を受ける場合もあるUWCはそう言う面で「シンガポールで一番優秀なインター」と言う評判になるのかも知れませんが。

進学先の大学やIBやAPのスコアで判断する事も出来ますが、
これは高校の話しであって小学校や中学校を決める時にはあまり参考にはなりません。

外国人駐在員向けの掲示板では毎度の様に、
「この学校は駄目」
「あっちの方が優秀」
と喧々諤々のやり取りを読む事が出来ますが、
シンガポールの場合、学力重視で学校を選ぶのではあれば、
ローカルの子供達が行く現地校が一番です。

昔の日本の教育を上回る「詰め込み教育」「振り落としシステム」を
受け入れられるかどうかはまた別ですが...。

日本でもそうですが、一見チャラチャラして見えるインター校生。
(特に中・高校生。でも実は彼らのほとんどは結構真面目に勉学に励んでいるのですが...。)

それに比べてとても真面目そうなシンガポールの子供達。
私なんかは「あんなチャラチャラした子供ばっかりのインターよりも現地校の方がお友達関係とかも良さそうだな。」と思いました。

でも現実的には勉強面だけではなく、
公立学校でも人気のある学校には外国人はなかなか入れない、
=自分が住んでいる学区の学校に通えるとは限らない、
とかいろいろハードルが高いみたいです。

そんなこんなで、外国人駐在員のほとんどは子供達を自国のカリキュラムの学校か、
インターナショナルスクールへ行かす事になるのでしょう。
そして駐在国が変わる度に子供の学校で悩むのです。

(内容に間違いがあればお知らせ下さい)

029.gif2012年時点でUWCとSASの出願システムが変更されています。
シンガポールのインターナショナルスクール事情・2012年版もご参照下さい。
by singaporemerengue | 2011-05-13 18:47 | International School