人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も大学生と高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新築コンドのマイナス面はやはりマイナスだった

シンガポールの日系不動産屋さんのサイト等には、

「シンガポールの新築コンドミニアムは水回りなどの不都合が出るので注意」

とありますが、これって本当ですね。
かく言う我が家も夫が5月に入居して以来、なんだかんだと不都合が起きています。

1.シャワールームの水がはけない。
大理石敷き詰めのシャワールーム。排水も大理石のフタの様な物が置いてあり、見た目はとっても素敵なのですが、角度が悪いらしくて水が排水溝に流れない。
そんなこんなで入居してすぐにシャワールームの床全面を削ったそうです。

2.子供が使うシャワールームの排水溝が詰まる。
これもどうやら下水臭をシャットする為についている羽根の様な物に髪の毛が詰まって起こるみたいなのですが、なんせ大理石のカバーが付いているのでメイドさんが掃除の度に持ちあげる事が出来ず水があふれると言う事態に。応急処置として「羽根」を撤去。臭いは今のところ大丈夫ですが、どうにか方法を考えなければなりません。

3.キャビネットのドアがはずれる。
これはもうお粗末な内装の結果としか言えません。

新築1年以内はオーナーさんもデベロッパーからの補償で修理が出来ると思うので早めに修理依頼を出せば問題はないと思いますが、賃貸(それも会社持ち)の私達は良いですが、何億も出して買った物件にこんなしょぼいトラブルが発生するなんて...。

言っても仕方がないのですが、

日本では考えられない、です。

この国の物件を購入する方々はその辺りの事は了承の上の事なのでしょうね。

これは以前から言われていますが、日本のバブル時代の様にあまりの勢いで建設が進む場合、「職人」が必要とされる現場にSkillのない労働者が導入される事になります。そうするとこう言う事態が起きてしまうと。

この国の建設ラッシュを見ていると、それはそれで仕方がないのかとも思ってしまいます。

新築物件は新しくて気持ちが良いですが、不都合が起きる度にオーナーさんと交渉したくない面倒くさがり(私の様な)さんは注意された方がよいかも知れません。
by singaporemerengue | 2011-09-01 23:24 | コンドミニアム | Comments(0)