人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

日本人生徒の多いインターナショナルスクール・良い?悪い?

最近日本人駐在員の数がまた増えている、といろんな所で耳にします。

・コンドミニアムは日本人駐在員向けの物件が少なくなって、お家賃が上昇傾向。
・日本人学校チャンギ校は学年に寄ってウェイティングになっている。

等など。

インターナショナルスクールでも日本人家庭の生徒さんが増えている学校もあります。

元々ESLが併設されているシンガポールのインターナショナルスクールには日本人生徒さんは多いのですが、学校を決める時に「日本人生徒の多さ、少なさ」も気になるところです。

私の思う良い点は、

・インター転校自体が子供にとっては大きなストレス。日本人が多い分少しストレスが減るんじゃないか?

以前子供を通わせていたアメリカ某都市の日本語補習校では、現地校(ESLは学区に寄りあったりなかったり。日本人はいても各学年にいるわけではない)の英語環境でのストレスを、土曜日の補習校で爆発させるお子さんも少なくありませんでした。
元々ストレスに弱いタイプのお子さん(うちもそのタイプです)には日本人のお友達も必要なのでは?と思います。私が思うだけで何の学術的証拠もありません。


・最初は子供も授業で何が起こってるかわからない(英語がわからない)ので、宿題や提出物等の確認が出来る日本人ママ達がいる。

これは賛否両論、一緒になるママ達の性格にもよると言う一種「賭け」に近いモノもありますが、最初の3カ月位は親子共々新しい環境でアタフタしてしまいます。いつまでも人を頼るのはよくありませんが、最初の頃は他のママさん達もアタフタしているので、みんな同じです。
学校の先生に直接聞く事も出来ますが親同士で相談出来るのは正直とても心強いです。


・ずっと海外やインターだったので日本人のお友達が学校にいてくれるのは嬉しい。

うちは上の子がこのケースです。スライド駐在でも日本人が多い地域からシンガポールの学校へ転校の場合はあまり意識しないと思いますが、我が家の様にいつも日本人が多い地域に行くとは限らない場合、よく言われる「日本人としてのアイデンティティー」を持ち続ける助けになるのでは?と思っています。


悪い点と思うのは、

・日本人同士で過ごして英会話力が付かない。

これが一番大きく、また心配される方も多いと思います。
日本人に限らずどこの国の子供達でも、同じ国同士で休み時間等は過ごしているみたいです。特に学齢が上がれば上がる程(中学・高校)この期間が長い様な気がします。

うちの子や同時期に転入した他の日本人のお友達の場合を見ていると、最初は日本人同士で過ごしていても半年、一年経つと国を超えて「気が合う・話の合う」お友達と過ごす事が多くなって来る様です。

「英会話力」と書いたのは、英語でのお勉強についてはこれは日本人が多かろうが少なかろうが、個人の資質と努力の問題なので、私はあまり関係ないと思っています。


・せっかくインターに入れたのに日本人のお友達ばかりで他の国のお友達が出来にくい。

親の私達も外国人ママ達のランチ会よりも日本人ママ達とのランチ会の方が気が楽だったりします。きっと子供達も同じなんだと思います。子供は大人よりも柔軟なのでその垣根が取り払われたら、いろんな国のお友達とも過ごす様になるのだと思いますが、そこで必要なのが「英会話力」ですよね。コミュニケーションツールとしての英語での会話。確かに日本人が多い学校ではお子さんによっては時間がかかってしまうと思います。


・日本人同士でもめ事があると、人数が限られているのでちょっと大変。

日本の学校でもどこでも子供同士のもめ事はありますが、インターの場合は日本人が多いと言っても人数が限られています。最初の3カ月位はどうしても日本人同士で行動してしまうでしょうから、その中で気が合わないと思っても、他の子達とは意思の疎通が出来ない...。選択の幅が狭まってしまいます。

抜き取り式のESLであれば普段の授業は一般クラスなのでESLの授業の時だけですし、ESLクラスが別に設けられている学校でも、学期毎に入れ替わりがあるので短期間だけだとは思いますが、一日の大半を過ごす学校が楽しくないのは子供にとってはとてもつらい事だと思います。


日本人生徒が多い学校と言っても学年によって人数はかなり違います。
学校を選ぶ時に直接問い合わせるとAdmission Officeは人数を把握しているはずなので教えてくれると思います。これが一番正確です。


ちなみに我が家のケースですが、学校を選ぶ際にはかなりいろいろとリサーチしたのですが、それでも実際通ってみると、

「これで良かったのかな?」

と思う事が多々あります。特にESLが必要だった下の子に関しては、

「あっちの学校の方が良かったかな?でもうちの学校もこの面ではいいし。」

と思ったり。

本人も頑張っているんだろうけど「もうちょっと」と思う事も多く、親としては歯がゆい思いもしています。その都度

「いや、我が子は天才でも秀才でもないのによく頑張っている。親として出来るサポートを全部やっているかと聞かれたら、そうとも言えない。ここは我慢、我慢。」

と自分に言い聞かせております。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2012-11-11 12:54 | International School