人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

シンガポールのインターナショナルスクールの学費

先日子供達が通うインターナショナルスクールから「来年度学費値上がりのお知らせ」のメールが届きました。

すでにじゅうぶん過ぎる程高額な学費がまた値上げ。もう毎年この時期の恒例行事のようになってしまい、あぁまたか、とメールを最後まで読まずに閉じてしまいました。

思い出したのが、少し前のStraits Timesに載っていたシンガポールのインターナショナルスクールの学費に関する記事。
元記事はこちら

イギリス人駐在員を対象にThe Fry Groupと言うロンドンにある経済ビジネス研究所がシンガポール、香港、マレーシア、タイ、インドネシアとイギリスのインターナショナルスクールの学費を調べた結果らしいですが、シンガポールのインターナショナルスクールの平均学費ってこの5年間で、なんと23%も上がってるんだそうです!

b0223481_12003446.png
Picture: Straits Times

イギリス人駐在員がシンガポールのインターナショナルスクールに子供を入れたら、幼稚園から高校卒業までで、合計S$500,000かかるのだそうです。でも、これでも世界一高額ではなく、一番高いのはイギリスのインターナショナルスクールだそうです。しかしシンガポール、マレーシア、タイ、香港、インドネシアの中では一番高額なのはシンガポールです。香港も高いですが、意外にインドネシアも高いんですね。シンガポールからインドネシアにスライドしたお友達が「インドネシア人のクラスメイトのお金持ちさにびっくりした!」って言ってましたから、インドネシアのインターナショナルスクールは駐在員とお金持ちの為の学校になっているのかも知れません。まぁ、日本でもそう言う面はありますが。

10年、いや15年程前までは企業が駐在員の学費を出すのは当たり前でしたが、最近は本当にフル・パッケージで駐在に来る人達は減っています。それなのに、どうしてかインターナショナルスクールは毎年当たり前の様に学費を上げています。

古くからあるインターナショナルスクールはちょうど校舎改修の時期にあたり、新しく出来たインターナショナルスクールは校舎建設費がかかっているから、仕方がないのでしょうか?

まぁ、それでもしかし、アメリカの私立学校へ行かせると年間2万ドルとか3万ドルとかかかりますから、あくまでも「私立」であるインタナショナルスクールの学費が高いのは仕方がないのかも知れません。

しかし、一度くらいは「今年は学費の値上げはございません」って言うお手紙を拝見したいもんです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
by singaporemerengue | 2016-02-21 18:00 | International School