人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

シンガポールのインターナショナルスクールのESLはとても恵まれていると思います。学校によってはESLの料金を別に取る学校もあるので当たり前と言えばそうなのですが...。

シンガポールでは日本人駐在員の方でもお子さんをインターナショナルスクールに通わせる方が多いと聞きます。私個人としては「このチャンスを是非!」と思ってしまいます。(特に幼稚園や小学校低学年)

これがもし「アメリカ駐在」となれば、ニューヨーク等全日制日本人学校のある数都市を除いては「現地校(英語)」しか選択がありません。昔に比べてどこの州も予算削減の為公立学校のESLは非常にお粗末です。お友達の話によるとカルフォルニア州なんて本当にひどい予算削減の様子です。

通常アメリカの私立学校にはESLはありませんから、どうしてもそのお粗末なESLに行くしか選択がないのです。

その点シンガポールのインターナショナルスクールはESLが充実しています。

我が家も今回「シンガポール」と「アメリカ」と選択する事が出来ました。上の子はどちらでも問題がない、むしろアメリカへ戻った方が良いと思ったのですが、日本の学校に通っている下の子の為に一旦シンガポールのインターのESLでしっかり英語で勉強する素地を作ってその後アメリカの私立学校へ行くのが最良だと思い、シンガポールへ転勤する事にしました。

とは言え日本語環境で勉強していた子供を英語環境に入れるのは切ない思いもあります。

「子供はすぐに英語環境に慣れる」

よく言われます。でも、いくら脳が柔らかいとは言えこれはかなりのストレスです。

そのストレスをいかに和らげる事が出来るかを考えながら子供をサポートして行く必要があります。

そして日本語での勉強も同時進行させて行かないとなりません。一つの言葉だけで勉強する子供達よりもその倍の勉強量になりますから、これは親にとってもチャレンジになります。

それでもそう言った事を考えても、我が家の様にこの先英語圏での生活が待っていると言う家庭だけではなく、日本に戻る駐在員のご家庭にとってもシンガポールのインターナショナルスクールと言うのはお子さんにとってはちょっとチャレンジになるかも知れませんが、とても良い機会ではないかと思います。
by singaporemerengue | 2011-05-30 20:47 | International School
先週子供達二人共シンガポールで行く学校がようやっと決りました。あぁ、長かった!

幸いな事に二人共第一希望の学校に空きがあったのでホッと一息ですが、シンガポールのインターナショナルスクールは小学校しか知らないので、中学校はまったく知らない世界。ちょっと不安です。

子供達は「もう絶対シンガポールへ行かないとならないの?」とNagative mode。
それはそうでしょう、私だってここのお友達と離れるのは嫌なんだから子供達はもっと嫌だと思います。

でも赴任地が変わる度に毎回言っているのですが、

「世界中にお友達が出来るんだよ。今はインターネットがあるから連絡も取り易いし、自分次第でいくらでもKeep in touch出来るから!」

と、なぐさめています。

幼稚園や小学校低学年までの転勤は子供も良くわかっていないのでまだ楽ですが、子供達が大きくなってからの転勤は心配が多いものです。

ただインターナショナルスクールの場合は、どこの国でも出たり入ったりが多いので子供達も慣れるのにそんなに大変ではないのでは?と思います。と、言うか願います。
by singaporemerengue | 2011-05-28 07:39 | International School
高級ホテルとして有名なSt. Regis。
そこに隣接するコンドなので私としてはとても期待していた物件だったのですが...。

St Regis Residences (セント・レジス・レジデンス)

Completion Year 2008
23階建て
ユニット数 173
2,153 sqft / 200.02 sqm

・見たユニットは3階のプールが見える部屋
・プールやジムもとてもナイス
・コンシェルジェ・サービスも便利
・各部屋の大きさもまぁまぁOK

・キッチンは狭い


今回主人は主に新築物件を中心に見ていたので、新築ではないこのユニットにはあまり良い印象がなかった様子です。


ただこの場所はとても便利だと思うんですよねぇ~。
Tangling Mallもすぐそばだし坂がないので移動が楽。
Tanglig Areaと言うのは緑も多いのに便利。
私はとても好きなエリアでした。

オーチャード・ロードもこちら側の端っこの方がゴチャゴチャしていなくて好きです。
ドービーゴート方面だと、どうしてもゴチャゴチャ感がぬぐえない。

この辺りは好みの問題になってしまうので、ご自身で歩いてみるのが一番かな?
by singaporemerengue | 2011-05-27 19:11 | コンドミニアム
便利なRiver Valleyエリアから少し入った立地のLatitude.
実は私の「イチオシ」候補。

Latitude(ラティテュード)

Completion Year 2011
ユニット数127戸
2,766 sqft / 256.97 sqm


・とても素晴らしい景色!(見たユニットは17階)
・新築でこのエリアでは「とにかく広い!」
・大きなバルコニーが二つあるので風通しも良い。
・大きく素敵なキッチン
・ベッドルームも全部大きい
・収納も多い

・マスターバスルームが少し小さめ


少し歩けばGreat World Cityもあるのに静かな環境。
場所的にRegency Parkの隣になります。
北側は学校なのでこの先新しいコンドが建つ確率も低くて景色は抜群。

ユニット数も127戸なのでジムやプールが混む事もあまりなさそうです。

1 bed roomはありませんが2 bed roomからあるので、典型的な「ファミリー向け」と言うわけではないですが、あまり大きなデベロップメントがお好きではない方にはちょうど良い感じです。

私もこちらはお家賃の割りには立地も広さもとてもお得ではないか、と思ったりしています。

シンガポールの住まいには「Wet Kitchen」と言われる外に台所があるお家が多いのですが、これは私が思うに、典型的なローカルフードをお家で作る時には油や香辛料をたくさん使うので、そう言った料理をする為に「台所が外にある」のではないかと考察しています。

プラス「お料理はアマさん(メイドさん)の仕事」と言う事で、エアコンも必要ないと言う考えなのかな?と思ったりしています。
(以前ちがう東南アジアの国に駐在していた時はキッチンにエアコンがありませんでした。毎日の料理はガマン大会の様相を呈しておりましたが...。)

主人が見た新築コンドのほとんどが「Wet Kitchen」「Dry Kitchen」と別れれていたのですが、この基本のコンセプトではなく、アメリカの家で言う「Wet Bar」が「Dry kitchen」みたいな感じです。

実はこの「Wet Bar」。アメリカで住んでいた家にもあったのですが、我が家では「無用の長物」でした。リビングルームに小さなシンクがあったところでキッチンもそんなに遠くないので使う事は皆無。むしろ収納や飾棚にした方が意味があると思っていました。

今回主人が見たコンドの「Dry kitchen」。日本のカウンターキッチンみたいなのがあり、冷蔵庫があったり電子レンジがあったり。でも、ちゃんとしたシンクや食器洗い機は奥の「Wet kitchen」にある。

これって実は非常に使いにくいんじゃないかなぁ?と思います。

シンガポールではメイドさんを雇ってらっしゃる方も多いので、そう言った方々にはあまり関係ないと思いますが、働く予定もなく子供もそこそこ大きくなっている我が家では住み込みのメイドさんを雇う予定はないので、キッチンは誰よりも「私が便利」と思える所が良いのですが...。

しかしこの辺りは男子にはわからないらしく、私がいくら言っても主人にはよく理解出来ないみたいです。

主人が選らんだコンドが使い易いキッチンである事を願うしかありません058.gif

建築中のサテライト写真
by singaporemerengue | 2011-05-24 21:40 | コンドミニアム
2010年にオープンしたばかりの新しいShopping MallのION Orchard(アイオン・オーチャード)。その上と言うか裏側(?)にそびえ立つ56階建ての高層コンドミニアム。Top Floorはレストランや展望施設になっているようなので、住居部分はもう少し下層階まででしょうね。どちらにしてもずいぶんな高層ビルです。

The Orchard Residences (ザ・オーチャード・レジデンス)
Completion Year:2010
56階建て
ユニット数175
2,174 sqft / 201.97 sqm
3+1 Bed room

・部屋からの景色は素晴らしい!
(見学したユニットからはオーチャード通りとは反対側が見える)
・ベッドルームは3部屋ともOKサイズ
リビングダイニングの隣の部屋は小さいのでベッドルームとして使うのは無理(ドアもガラス張り)
・収納は少ない
・ライトやドア、クローゼット、キッチンカウンター、冷蔵庫などの電化製品全て高級感あふれている。ドライキッチンには備え付けのコーヒーメーカー(エスプレッソマシーン?)あり。
・マスターバスとドライキッチンには備え付けのテレビあり
・プール等の施設がナイス
・プライベート・リフトが2台。高層だから朝のピーク時等にスムースに昇降出来ると言う事でしょうか?


シンガポールの中心部中の中心部に75,000sqftと言う広さのプールやジム等の施設があると言うのは圧巻だと思います。

1階部分から雨に濡れずにIONオーチャードまで行けるそうなので、「今日はご飯作りたくなーい!」なんて言う時は便利でしょうね。でも、スッピンの部屋着姿では行けないかも026.gif

出入り口はIONオーチャードの反対側、Orchard Blvd.にあるのでここもPaterson Suitesと同じでISSとOFSには徒歩通学出来そうです。で、これまた雨の日は車で送迎ですかね?

高級コンドミニアムですが「上が住宅、下にお店やレストラン」と言うコンセプトはHDBや日本の70年代の公団と同じ、なんて思ってしまいました。とにかく「便利」!この一言に尽きますね。
MRTオーチャード駅もすぐ下です。

建設中ですがサテライト写真
by singaporemerengue | 2011-05-24 11:32 | コンドミニアム
シンガポールのショッピング街のド真ん中とも言える、
オーチャードとパターソンロードの交差点から少し入った場所に立つ新築コンド。

Paterson Suites(パターソン・スィーツ)
Completion Year 2010
戸数 102
2,228 sqft / 206.99 sqm


マスターベッドルームは広くてとてもナイス。
2ndベッドルームはファミリールームにするのにちょうど良い感じ。
他2つのベッドルームは少し狭め。
Nice kitchen
収納多し
立地場所が良い。

天井が他の新築コンドに比べると少し低い。
プールも特に子供向けと言う感じではない。

このコンドはISS(International School in Singapore)と
OFS(Oversea Family School)の隣に立っているので、
この2校にお子さんが通っているのであれば非常に便利だと思います。

が、たぶん直接学校へ行く道は今のところはなく、
一度パターソン・ロードに出て坂を上って行く事になるみたいです。
この距離はスクールバスに乗る程ではないですが、
雨の日に歩いて送り迎えするにはちょっと大変かも?
普段は徒歩通学、雨が降ったら車で送り迎えと言う事が出来れば一番良さそうです。

便利な場所にもかからわらずパターソン・ロードから少し入っているので、
道路の騒音もなく静かだったそう。

2棟あるのでユニットによっては部屋から隣の棟が見えてしまうので注意。
サテライト写真
by singaporemerengue | 2011-05-23 09:38 | コンドミニアム
同じコンドに同じ学校へ通う子供達がいると言うのはとても便利だと思います。

今私達が住んでいるコンドも(シンガポールじゃないです)、
外国人駐在員向け住宅で子供達も同じ学校へ通っている子が多いです。

日本もシンガポールも治安が良いし、子供達だけで移動する事も可能ですが、
昨今子供達もお稽古やなんだと忙しいので、ちょっとした空き時間に近所のお友達と遊べると言うのはプレイデイトの約束して親が送り迎えする、と言う煩雑さに比べるととても便利。

ただ同じ国の人達がたくさん住んでいて、あまりにべったりな人間関係もこれまた疲れます。

シンガポールと言うのはアジア圏のビジネスの拠点として支店を持つ会社も多く、そこに駐在員として赴任していると、とにかく「出張」が多いです。
今日はインド、明日はタイ、インドネシア、オーストラリア...みたいに。

私は経験した事がありませんが、日本人駐在員のお友達はご主人が出張の時は、
同じ様にご主人が出張中のお友達と晩御飯を一緒に食べて子供達は一緒にお風呂に入れて、
後は寝るだけ~、状態まで一緒に過ごす事も多かった、と言っていました。

私のお友達はそれが楽しかったそうですが、私にはちょっと無理。

シンガポールは本当にたくさんの外国人駐在員がいて、
やはりそれぞれの国によって固まって住んでいるみたいですが、
(例えば日本人が多いリババリー界隈のコンド。アメリカ人の多いThe Arcadia。オーストラリア人の多いPebble Bayなどなど。)出来ればいろんな国の人達が住んでいて、
子供達も学校のお友達だけではなく、コンドで遊ぶお友達が出来たらいいですよね。

で、やはり学校にも近いのが良いと思います。

先に書いた様にSingapore American Schoolなどは遠い。
でも学校の近くに住むと他の事が不便になってしまう。
特に日系の塾はオーチャード辺りに多いので、それを考えるとWoodlandsなんて遠すぎる。

オーチャードに程近く広くて子供も多い

これを満たすのは「Regency Park」なんですが、
このコンド、古いのにお家賃が高い。
それなりにリノベーションされたユニットは1万5千ドル(シンガポールドル)を越えます。

シンガポールの建物はその気候の為か老朽化するのが日本よりも早いと言われています。
築10年だと要注意。お部屋はリノベートされて綺麗でも配管等に問題が出てくる、らしいです。

1万5千ドルのお家賃なら新築のコンドがいくらでも借りる事が出来ます。
ただ、お部屋が狭いのと敷地がRegency Park程広くないのが難点です。

「新しい=狭い」「古い=広い」と言う方程式はどこでも当てはまるのでしょうね。
by singaporemerengue | 2011-05-20 22:16 | コンドミニアム
*この記事は2011年に書いたものなので、現在とは事情が変わっています。
2012年度版2012
2014年度版2014
もありますのでご参照下さい。


前回の駐在時もそうでしたが、シンガポールのインターナショナルスクールの人気校。
長~いウェイト・リストがあります。

Singapore American School(SAS)
Tanglin Trust School(TTS)
United World College South East Asia(UWC)

SASはアメリカ国籍保有者、保護者がアメリカ企業勤務優先。
TTSはイギリス国籍保有者優先(英国企業勤務者に優先があるかどうかはわかりません。)。
と自国民優先があります。

UWCには特定の国籍の優先がありません。(Swiss Schoolから7年生に編入する生徒には優先枠があるようです。HPを参照)。

ちなみに3校共「個人または企業で一定のお金を払うと”Wait listすっとばし”」と言うプログラムがあります。

SASがWait listの詳細を教えてくれないのに比べると、
UWCは「今お子さんの該当学年は120人待っています。」とか、
はっきりした数字を教えてくれます。
いつ頃順番が回って来るかも教えてくれます。

が、それが2011年にWait listに乗せて入学は2013年とか、2014年とか007.gif
駐在終わっちゃうし044.gif

Registration Fee(願書を出す時に出すお金)もS$2675と高額。

日本もインターナショナルスクールの学費は高額ですが、
シンガポールもまた同じく高額です。
ほとんど会社持ちだからなんでしょうか?

いや最近は欧米企業の俗に言う「Expats Package」なる物も以前の様に恵まれておらず、
自腹を切って子供の学校の学費を出す駐在員も少なくないようです。

自分のお金を払って行かすのであればそれなりの学校へ行かせたいのが人情です。
しかし、シンガポールのインターナショナルスクールって基本的に「編入試験」がないのです。

(注:日本の外務省のUWCの紹介記事には選考試験があるとありますが、9年生までは書類選考後試験が必要な場合は後日試験を受けます。書類選考だけのケースもあります。)

日本のインターに入る時はどの生徒にも書類選考後試験がありました。
「とりあえずの試験」なのかも知れませんが、学校によっては一定のレベルに到達していないと入学を断られます。

しかし編入試験も偏差値もない(当たり前だけど)いシンガポールのインターナショナルスクールに関しては、「どこが一番良い」とか「一番優秀」は好みの違いとしか言いようがない様な気がします。

書類選考後に試験を受ける場合もあるUWCはそう言う面で「シンガポールで一番優秀なインター」と言う評判になるのかも知れませんが。

進学先の大学やIBやAPのスコアで判断する事も出来ますが、
これは高校の話しであって小学校や中学校を決める時にはあまり参考にはなりません。

外国人駐在員向けの掲示板では毎度の様に、
「この学校は駄目」
「あっちの方が優秀」
と喧々諤々のやり取りを読む事が出来ますが、
シンガポールの場合、学力重視で学校を選ぶのではあれば、
ローカルの子供達が行く現地校が一番です。

昔の日本の教育を上回る「詰め込み教育」「振り落としシステム」を
受け入れられるかどうかはまた別ですが...。

日本でもそうですが、一見チャラチャラして見えるインター校生。
(特に中・高校生。でも実は彼らのほとんどは結構真面目に勉学に励んでいるのですが...。)

それに比べてとても真面目そうなシンガポールの子供達。
私なんかは「あんなチャラチャラした子供ばっかりのインターよりも現地校の方がお友達関係とかも良さそうだな。」と思いました。

でも現実的には勉強面だけではなく、
公立学校でも人気のある学校には外国人はなかなか入れない、
=自分が住んでいる学区の学校に通えるとは限らない、
とかいろいろハードルが高いみたいです。

そんなこんなで、外国人駐在員のほとんどは子供達を自国のカリキュラムの学校か、
インターナショナルスクールへ行かす事になるのでしょう。
そして駐在国が変わる度に子供の学校で悩むのです。

(内容に間違いがあればお知らせ下さい)

029.gif2012年時点でUWCとSASの出願システムが変更されています。
シンガポールのインターナショナルスクール事情・2012年版もご参照下さい。
by singaporemerengue | 2011-05-13 18:47 | International School
日本人を始め外国人駐在員に人気のりバーバリーエリアにあるThe Trillium。
Kim Seng Rd.に沿って細長い敷地に建っている3棟のタワーマンションです。

The Trillium

2,390 sqft / 222.04 sqm
Completion Year 2008
30階建て
ユニット数・237戸

・部屋からの景色はOK。素晴らしいと言うわけではない。
・プール等のコモンエリアは大きくてナイス。
・キッチンも大きく使い易そうな配置。
・マスターベッドルームはSitting area(ちょっとしたイスとか置いたり出来る場所)も付いていて大きい。しかし他のベッドルームがかなり小さい。
・大きなバルコニー。
・こちらもPrivate Lift。
(最近の新しいコンドはほとんどPrivate Liftみたいですね。)
・「グレートワールドシティー」と言うスーパーも入っているショッピングセンターが向かいにあるので、日常のお買いものはとても便利。
・バス停も近い。

ただユニットに寄ってはKim Seng Rd.と言う大きな道路に面してしまうので、
騒音などチェックする必要があります。
向かって右隣で新しいコンドが建設中なのでこちらの騒音や景色も要チェックです。

建設中のサテライト写真
by singaporemerengue | 2011-05-11 11:31 | コンドミニアム
新築コンドの様子はネットでも中々見つからない(不動産屋さんのサイトでも書いてある事は良い事ばかり)ので、主人の内覧の感想をちょっとだけ書いて行きたいと思います。


St Thomas Suites(セント・トーマス・スィート)
4Bed room(2,605 sqft / 242.01 sqm)
Completion Year 2010
33階建て
176ユニット


部屋からの景色は良かった(高層階)。
最近流行りの wet + dry kitchen。
マスターベッドルームが少し小さめ。
でも、マスターバスはとてもナイス。
他のベッドルームも十分な大きさ。
Killiney Rdの近くなので食べ物屋さんが近所にあって便利。

Private Liftなのは良いのですが、ここも前回のコンド同様。
「エレベーター開いたらリビングルーム」
「エレベーターホールのドアがガラス」

プラス、キッチンがガラス張り。
これまたリビングルームから丸見え。

整理整頓がきっちり出来る方には良いですが、
私の様な不精者には駄目です007.gif
同じプライベートリフトでも玄関の様になっているコンドもありますから、
「丸見え状態」のこちらは却下となったわけです。

風水では玄関はいつも綺麗に整理整頓!
と言う事で、これを機会に整理整頓に精を出すって言うオプションがもあったんですが、
ちょっと無理みたいです。
by singaporemerengue | 2011-05-09 18:25 | コンドミニアム