人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も大学生と高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シンガポールに来た当初、2回目とは言えこの何年間でいろいろ変わったシンガポールの食事事情。
結構外食が楽しみで、かなりの頻度で食べに出かけていました。

私の行動範囲が狭いだけで、もっといろいろな所へ出かければ新しい味や美味しい味に会えると思うのですが、独身OLならともかく子供が二人もいるとそうそう遠くに食べに行くのも面倒になってしまいます。

確かにシンガポールには高級で美味しいレストランもたくさんあるのでしょうが、これまた予算の関係でそうそういつも高級レストランに行く事も出来ないわけですから、外資のファミレス系やフードコートをよく利用していました。

ところが3,4カ月程前から子供達が外であまり食べたがらなくなりました。ちょっと歩くとレストランやフードコートには困らないので、ご飯を作りたくない日やパパの帰りが遅い日は活用していたのですが...。
(あ、ただ単に私のLazyさへの子供達の反抗か?)

私自身もまず最初にフードコートの食事がイマイチになり、来たばかりの頃は「こんな和食がシンガポールで食べられるなんて!」と感動した日本食レストランに行くのも最近は億劫に。

と、言うわけで最近はもっぱら家で作る日が増えています。

アメリカや日本にいる時は当たり前だった事なので、シンガポールに来てからの外食が多過ぎたんでしょうね。

シンガポールのローカルフードは最近知った味。
アメリカの食べ物は大人になってから知った味。
日本食は赤ちゃんの頃からの味。

この3つの中で、シンガポールのローカルフードには少々飽きて来て、日本食レストランは「やっぱり何か違う」と足が遠のいているのですが、アメリカ料理のレストランには割りと抵抗なくまだ行けます。逆に言うと何か外食しようかと言うと、「American」となる事が多いです。

アメリカンレストランと言ってもたいしたレストランに行くわけではなく、TGI FridayやSports Barもどきみたいな所なので、美味しい~!と言うわけではありません。アメリカでも「美味しい~!」と感動するレストランにはほとんど当たった事がないので、妥協点が見つかり易いのかも知れません。

外食が盛んと言われる東南アジアなので、最初は物珍しさと安さも手伝って頻繁にする外食ですが、やはり基本的に日本人は家で作って食べる、と言うのに落ち着くんでしょうか?
by singaporemerengue | 2012-05-27 21:32 | Daily Life | Comments(2)

コンドミニアムを選ぶ時

最近のシンガポールのコンドミニアムは「モダン系」が多く、床から天井までガラス張りで真っ白な大理石のフロアー、と言う日本ではあまりお目にかかれない様なお部屋が多い気がします。

チーク材を使ったバリのリゾート風インテリアにも、北欧系インテリアにも使える、「ガラス張り&白い大理石」。

こちらに引っ越して来てもうすぐ1年ですが、実はこのモダン系のお部屋をキレイに保つのは実に大変だと言う事がわかって来ました。

以前にも書きましたが、通いのCleaning Ladyにお掃除をお願いしていますが、結構頻繁に窓拭きをしてもらってもガラスの汚れはなかなかすっぱりキレイになりません。バルコニーの付いているリビングエリアは両面お掃除出来ますが、そうではないお部屋は窓を開けてまでお掃除してもらう必要はないのでお願いしていません。

ちなみに年に何回かメイドさんが窓ふき中に転落すると言う事故がシンガポールでは起きています。窓から乗り出して拭くような事はさせてはいけないと決まっているのに、未だにさせる雇用主がいるみたいです。

そして白い床。
黒い髪の毛がとても目立ちます。

クイックルワイパーもこちらで売っていますが、床面積が広いのでなかなか終わりません。コードレスの掃除機を買ってどうにかしのいでいます。

はい、掃除機を毎日かける方には全く問題がない事なのですが、ものぐさな私は2,3日に一度なので、この問題は私の様にものぐさな方限定の問題なのですが...。

赤ちゃんがいらっしゃる方には汚れが目立って逆に良いかも知れませんが...。

どのコンドミニアムにも「メイドルーム」と言う小部屋が用意されている事から、たぶんほとんどのコンドは「住み込みのメイドさんがいる」と言う前提で作られているんでしょうね。お掃除がし易いと言う日本の最近のマンションとは違う部分があるような気がします。

夏休みも近づいて来ているこの時期。2学期からの赴任に向けてシンガポールでのコンド探しをされてらっしゃる方も多い事と思います。

毎日お掃除をしない私の様にものぐさな方限定ですが

コンドミニアム見学の際は窓の大きさと床の色にもご注意くださいね001.gif
(何言ってるの?毎日お掃除するのは当たり前でしょっ022.gifと言う主婦の鑑の方はどうぞ読み飛ばして下さい012.gif
by singaporemerengue | 2012-05-22 21:54 | コンドミニアム | Comments(0)
これまた「学校によりけり」と言うのが大前提のお話なのですが...。

日本のインターとシンガポールのインターの大きな違い。
それは「外国語に対する対応」です。

「外国語」とは日本では「日本語」(少し変な感じですが)、
シンガポールでは生徒の「母国語」もしくは「英語の他に話せる言葉」。

うちの子供が日本のインターに通っていた時に言われたのは、「日本語禁止」でした。
インターナショナルスクールに通っているのだから英語でCommunicateすべきと言うのか、先生がわからないからなのか?

なんだかわかりませんが、日本語で会話するのは(クラスの中で。ランチタイム等は関係ありません。)禁止でした。日本人向けのインターではなく一般的なインターナショナルスクールです。

一方シンガポールのインター校は「母国語を大事にする」と言うスタンスです。(あくまでもうちの子供達が通っている2校の話です。)もちろんESLクラスではクラスの中では母国語禁止ですが。

国連の「世界母国語の日(International Mother Tongue Day)などと言う、ここに来るまで聞いた事もなかった様な日に、母国語の本を持って来るとか英語以外に自分が話せる言語をステッカーに書いて胸に貼る、簡単な挨拶を他の生徒に教える。

なんて事もしていました。

学校によっては80カ国近くの子供達がいると言うシンガポールのインターナショナルスクール。たぶん上海などもそうかと思いますが、面白い経験が出来る国だと思いました。
by singaporemerengue | 2012-05-16 02:03 | 学校生活(Middle School) | Comments(2)
シンガポールは治安が良い事で知られていますが、
ローカル新聞のネット版を見ているとちょくちょく見かける犯罪が、
子供に対する性犯罪行為です。

12歳少女に対するわいせつ行為で男を逮捕

こんな記事をよく目にします。

シンガポールは確かに治安が良いとは思いますが、それは比較される国によると思います。
私は日本とアメリカ某都市しか住んだ事がないのでそれ以外の地域はわかりませんが、アメリカ都市部に比べればシンガポールも日本も格段に安全です。

ただ、アメリカのほとんどの地域は車社会なので、子供だけで行動する事は16歳で免許を取るまで出来ません。それまでは親と一緒ですし、俗に言うUpper Middleと言われる家庭では16歳で免許を取っても女の子は一人で行動させる事はほとんどないと思います。

シンガポールも日本も子供一人で電車やバスに乗る事も可能です。現実的には昨今男の子も女の子もこう言った変質者のターゲットになる事は変わりはないと思うのですが、やはり女の子は人通りがない所には一人で行動させない事が大事だと、この記事を読んであらたに思いました。
by singaporemerengue | 2012-05-11 00:47 | Daily Life | Comments(0)
関西に「ピアーズ関西」と言う海外生活・帰国保護者の為のボランティアグループがあります。
ピアーズ関西HP

「ピアーズ(Peers)は「仲間」が集うボランティア・グループです 同じ立場の人と楽しく語り合い、学びあいたい方、体験を生かした活動を通して社会貢献したい方、教育に関心や悩みを持つ方、ご参加ください。海外在住した家庭に関心をお寄せくださる方もどうぞ。」

と言う趣旨のボランティア・グループです。

こちらでは定期的に、

「海外渡航前生活相談会&帰国教育相談会」を大阪で開いています。
次回の開催は、

時:2012年5月11日(金) 10時~12時
場所:大阪市北区民センター (JR環状線天満駅すぐ、地下鉄扇町駅すぐ)
   大阪市北区扇町2-1-27 http://www.osakacommunity.jp/kita/index2.html
参加費: 500円 (初回参加者)  
申込: なるべく水曜までに、 peers_kansaiアットマークkym.biglobe.ne.jp にお申し込みください。お子様連れの方は玩具等お持ちくださいね。

です。

詳細はこちらをご覧ください

事前に渡航先国名をお伝えすると、その国に滞在経験のあるメンバーを探して下さり、実際に生活した事のある方のお話も聞けます。
私もこちらに来る前はお世話になりました。

世界各国にご主人の赴任で滞在された経験を持つメンバーがいらっしゃいます。みなさん、とても明るく親切なので毎回和気あいあいとした雰囲気でとても楽しい時間が過ごせます。

渡航前の心配も吹き飛んでしまいます001.gif

関西方面にご帰国予定の方は、帰国子女受け入れ校やインターナショナルスクールの詳細、英語保持教室の情報も教えてもらえます。(すでにHPにもたくさんの情報が載っています。)
実際にお子さんが通ってらっしゃる方もたくさんいらっしゃるので参考になると思います。

最近はシンガポールをはじめ、東南アジアや中国から帰国される方、これから赴任される方が多いみたいですが、アメリカやヨーロッパからの帰国、赴任の方もいらっしゃいます。

ちょっと日時が迫っているのでお時間の都合が合わない方も一度ご連絡してみて下さいね。
by singaporemerengue | 2012-05-02 12:53 | 日本帰国後の学校 | Comments(2)
先日ご紹介した「シンガポールお稽古情報誌・eduguide.sg - Enrichment Fun」以前の記事はこちら

と、

「Kids' Guide 2012」

をION4階の本屋さんPrologueで見つけました。
雑誌コーナーの右端一番上の段、Parenting雑誌コーナーにおいてありました。
お値段は2冊共6ドル前後。

Prologueは教科書等も扱っている「Popular」系列の本屋さんなので、お近くのPopularでも置いてあるかも知れません。

ご紹介したものの、オーダー以外では購入出来ないと思っていたので
追記させていただきました。
前回は情報が完結していなくてごめんなさい040.gif
by singaporemerengue | 2012-05-01 16:54 | Enrichment Classes | Comments(0)