人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も大学生と高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シンガポールのインターナショナルスクールの中には生徒がものすごく多国籍に渡っていて、60カ国からの子供がいる、80カ国からの子供がいる、なんて言う学校もあります。

ESL以外の子供達も母国語が英語ではない子供達もたくさんいるわけで、自国のお友達と話す時はみんな英語以外の言葉になるらしく、一緒にいるに従ってお友達の国の言葉に触れる「小さなLanguage Exchange」的な事もよくあります。

日本人女子のお友達と過ごす事の多いあるお友達は、
「大丈夫」「かわいい~」「本当?」「いいよ~」
と、挨拶や数字を越えての日本語ボキャブラリーをどんどん増やしています。

日本人男子のお友達と過ごす事の多い子あるお友達は、
「ばか」「なんだよ」「ブス」「うざい」「だまれ」
と、悪い言葉のボキャブラリーが増えてるそうです。仕方ないですねぇ、男の子ですから(笑)。

うちの子も最近仲良しのお友達の国の言葉をよく覚えて来ています。お友達も日本語の短い単語を聞きとる事も多いらしく...。

ある日のスナックタイム。
日本人の男の子が「これひとつちょうだい(日本語)」と子供に聞いたところ、
我が子は、「ダメ」と意地悪な返事。
隣にいたお友達にも「これひとつちょうだい(英語)」と頼んだ男の子にお友達が、「ダメ」。
「なんだよ~、こんな日本語覚えちゃって!」と日本人男子。

まったく意地悪ですよね。我が子ながら情けない。食べ物に関してはケチってはダメだと普段から言っているのにこの始末。お恥ずかしい限りです。

子供に限らず他の言語を習う時、どうしても「悪い言葉」を先に覚えてしまう事ってありますよね。特に若い程その傾向が強い様な気がします。自分を振り返ってもそうでした。良い悪いがわかる様になれば自然と使わなくなりますが、それはある程度その言葉を操る事が出来る様になってから。子供同士だと下手したら「悪い日本語だけ」お友達が覚えてしまうかも知れません。

そんな事を子供にも言ったんですが、それよりも何よりも抜本的な「セコさ」を直さないと駄目ですね。
ホント、情けない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2012-11-29 10:15 | 学校生活(Primary School) | Comments(4)
昨日たまたま寄ったION Orchard の地下4階。
8月から改装中だった食べ物屋さんがやっとリニューアル・オープンしていました!

以前からあったお店あり、新しく出店したお店ありでまたしばらく楽しむ事が出来ます。

b0223481_1724126.png

こちらは新しくオープンしたラーメン屋さん。
おでんやおこわもありEat in spaceもしっかりなら、お持ち帰りも出来るみたい。


b0223481_17272554.png

以前あった豆乳屋さんではなく、日本語でのメニュー完備の豆乳デザート屋さん。
前のはローカル色が強かったけれど、今回のは「デザート感覚」が強い?

隣はスムージー屋さん。


b0223481_17294749.png

これは絶対にまた戻って来ると思った「銀だこ」。
Eat in spaceもしっかりありました。

小さい窓口でタイ焼きも健在。


b0223481_1731662.png

流行っていたのにMangoと言うお洋服屋さんに替わってしまったダンキンドーナッツ。
B4で復活。確かに食べ物屋さんは食べ物屋さんでまとめた方がお客さんには便利。
どうして最初からそうしなかったのかが不思議なところがシンガポール?


他にもサラダ屋さんやプリッツェル屋さんがComing soonと言う事でしたが、週末の割りには時間のせいもあってか、どのお店もそんなに混んではいませんでした。


以前、どうしてこんなにリニューアルばっかりするのか?と言う記事に、「実はいろんな理由があるんですよ。」とコメントをいただいて、私もIONの地下4階に行く度に工事の様子をチラ見していたのですが(たまに壁が開いていて中が見えた)、この3カ月ずっと工事しているのかと言えばそうでもない様子。実際お店が決まっていたら3カ月は必要なかったんでしょうね。

テナントが決まらなかったら、そのままオープンするのが普通なシンガポールなので、きっと「わざと3カ月以上かけて」リニューアル・オープンしたんだろう、と私の中では自己完結いたしました(笑)。

最近いろんな所で見かけるアイスクリーム屋さんとか、何がセールスポイントなのかわからないフレンチフライ屋さんとか、どうかなぁ?と思うお店もありましたが、オーチャード駅には行く事が多いので、少しずつ子供のおやつを買いがてらいろんなお店を覗いてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2012-11-25 17:45 | Daily Life | Comments(0)
以前にも書きましたが、2014年にシンガポールにまた新しいインターナショナルスクールが開校予定です。

Dulwich College Singapore Web Site

12月5,6,7日にParent Information Sessionが開かれるそうです。
上のWeb Siteから申し込みが出来ます。(要事前予約)

こちらの学校はイギリス、ロンドンに本校があり、International Schoolとしてはすでに上海や北京、韓国に展開しているそうです。学校のネームバリューを使ったフラインチャイズ化された学校なのかどうなのかが気になるところです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2012-11-19 11:25 | International School | Comments(0)

シンガポールのタクシー


私のシンガポールでの主な交通手段はタクシーです。本当は自分で運転したくてウズウズしているのですが...。

このタクシー。前回の駐在の時と今回と大きな違いを感じるのが、

「道を知らないタクシー運転手が多い」。

です。

「今日で3日目」
とか、
「親戚が病気で運転出来ないから今日だけ運転してる」
とか...。

それ以外にも道がわからなくて聞かれる事が多々あります。
郊外の(と言ってもシンガポールの郊外ですからたかが知れています)目的地ならまだしも、中心部の移動でもわからない運転手さんが多くて。

私自身、道がわかっている時は良いのですが、わからない時は結構悲惨です。iPhoneのMap片手に運転手さんに道案内。目的地に着いた頃には車酔い状態。

以前はこんな経験はなかった様に思うのですが...。

しかし、道を知らない運転手さんって青いComfort Taxiが多いんです。
赤と白のボロボロクラウンの古いタクシーの運転手さんだと、運転は乱暴だけど道はわかってる事が多い。

疲れている時等はボーっとしているうちに目的地に到着したいのに、あっちこっちと道案内をするのは嫌なものです。かと言ってボロボロクラウンも...。近距離なら良いですが、ちょっとした距離だと独特のニオイが気になります。

ま、日本でも東京とかでタクシーに乗ると、道を知らないタクシー運転手さんも多いので仕方がないのでしょうが...。

最近の運転手さんはひょっとしたら外国人だったりするのかな?(NYCみたいに)と思ったりしています。

以前の駐在時は、お話好きな気の良い運転手さんが多いな、と言う印象だったのですが、最近はそう言う運転手さんよりもムスっとして無愛想、運転も荒いと言う運転手さんが多い様な気がします。たった数年の違いなのですが...。

こちらのタクシーのシステムがわからないのでなんとも言えませんが、いろんな面で変化の大きいシンガポールなのかも知れません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2012-11-14 00:24 | Daily Life | Comments(0)
最近日本人駐在員の数がまた増えている、といろんな所で耳にします。

・コンドミニアムは日本人駐在員向けの物件が少なくなって、お家賃が上昇傾向。
・日本人学校チャンギ校は学年に寄ってウェイティングになっている。

等など。

インターナショナルスクールでも日本人家庭の生徒さんが増えている学校もあります。

元々ESLが併設されているシンガポールのインターナショナルスクールには日本人生徒さんは多いのですが、学校を決める時に「日本人生徒の多さ、少なさ」も気になるところです。

私の思う良い点は、

・インター転校自体が子供にとっては大きなストレス。日本人が多い分少しストレスが減るんじゃないか?

以前子供を通わせていたアメリカ某都市の日本語補習校では、現地校(ESLは学区に寄りあったりなかったり。日本人はいても各学年にいるわけではない)の英語環境でのストレスを、土曜日の補習校で爆発させるお子さんも少なくありませんでした。
元々ストレスに弱いタイプのお子さん(うちもそのタイプです)には日本人のお友達も必要なのでは?と思います。私が思うだけで何の学術的証拠もありません。


・最初は子供も授業で何が起こってるかわからない(英語がわからない)ので、宿題や提出物等の確認が出来る日本人ママ達がいる。

これは賛否両論、一緒になるママ達の性格にもよると言う一種「賭け」に近いモノもありますが、最初の3カ月位は親子共々新しい環境でアタフタしてしまいます。いつまでも人を頼るのはよくありませんが、最初の頃は他のママさん達もアタフタしているので、みんな同じです。
学校の先生に直接聞く事も出来ますが親同士で相談出来るのは正直とても心強いです。


・ずっと海外やインターだったので日本人のお友達が学校にいてくれるのは嬉しい。

うちは上の子がこのケースです。スライド駐在でも日本人が多い地域からシンガポールの学校へ転校の場合はあまり意識しないと思いますが、我が家の様にいつも日本人が多い地域に行くとは限らない場合、よく言われる「日本人としてのアイデンティティー」を持ち続ける助けになるのでは?と思っています。


悪い点と思うのは、

・日本人同士で過ごして英会話力が付かない。

これが一番大きく、また心配される方も多いと思います。
日本人に限らずどこの国の子供達でも、同じ国同士で休み時間等は過ごしているみたいです。特に学齢が上がれば上がる程(中学・高校)この期間が長い様な気がします。

うちの子や同時期に転入した他の日本人のお友達の場合を見ていると、最初は日本人同士で過ごしていても半年、一年経つと国を超えて「気が合う・話の合う」お友達と過ごす事が多くなって来る様です。

「英会話力」と書いたのは、英語でのお勉強についてはこれは日本人が多かろうが少なかろうが、個人の資質と努力の問題なので、私はあまり関係ないと思っています。


・せっかくインターに入れたのに日本人のお友達ばかりで他の国のお友達が出来にくい。

親の私達も外国人ママ達のランチ会よりも日本人ママ達とのランチ会の方が気が楽だったりします。きっと子供達も同じなんだと思います。子供は大人よりも柔軟なのでその垣根が取り払われたら、いろんな国のお友達とも過ごす様になるのだと思いますが、そこで必要なのが「英会話力」ですよね。コミュニケーションツールとしての英語での会話。確かに日本人が多い学校ではお子さんによっては時間がかかってしまうと思います。


・日本人同士でもめ事があると、人数が限られているのでちょっと大変。

日本の学校でもどこでも子供同士のもめ事はありますが、インターの場合は日本人が多いと言っても人数が限られています。最初の3カ月位はどうしても日本人同士で行動してしまうでしょうから、その中で気が合わないと思っても、他の子達とは意思の疎通が出来ない...。選択の幅が狭まってしまいます。

抜き取り式のESLであれば普段の授業は一般クラスなのでESLの授業の時だけですし、ESLクラスが別に設けられている学校でも、学期毎に入れ替わりがあるので短期間だけだとは思いますが、一日の大半を過ごす学校が楽しくないのは子供にとってはとてもつらい事だと思います。


日本人生徒が多い学校と言っても学年によって人数はかなり違います。
学校を選ぶ時に直接問い合わせるとAdmission Officeは人数を把握しているはずなので教えてくれると思います。これが一番正確です。


ちなみに我が家のケースですが、学校を選ぶ際にはかなりいろいろとリサーチしたのですが、それでも実際通ってみると、

「これで良かったのかな?」

と思う事が多々あります。特にESLが必要だった下の子に関しては、

「あっちの学校の方が良かったかな?でもうちの学校もこの面ではいいし。」

と思ったり。

本人も頑張っているんだろうけど「もうちょっと」と思う事も多く、親としては歯がゆい思いもしています。その都度

「いや、我が子は天才でも秀才でもないのによく頑張っている。親として出来るサポートを全部やっているかと聞かれたら、そうとも言えない。ここは我慢、我慢。」

と自分に言い聞かせております。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2012-11-11 12:54 | International School | Comments(4)
*以前書いたものですが、URAのサイトが変りリンク切れになっていたので新しくリンクしました。

在シンガポール日本人にははずせない「シンガポールお役立ちWeb」に、

最近契約されたコンドミニアムの実際のお家賃がわかる政府のサイトの紹介がありました。

Rental contracts of private residential properties

知りたい期間とコンドミニアムの名前を選んでSearchをクリックすると契約されたお家賃一覧が出て来ます。

さすが「お役立ちWeb」です。
これは本当にお役立ち。

そう言えば我が家も来年コンドの更新です。
今住んでいる所にこのまま住みたいですが、お家賃が無謀に上昇していて大家さんが急激な値上げをして来たら、違うコンドへお引っ越し、なんて事もあるかも知れないので早速調べてみました。

フムフム、そんなに上がってもないような...。

広さだけではなくて住居階によってもお家賃は違って来るので予断は出来ませんが...。

出来る事なら全体のお家賃がちょっと下がって、同じコンドでもう少し広いユニットに移れたらいいのだけど...。

等と思いながら見ています。

皆さんお住まいのコンドのお家賃はいかがですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2012-11-08 10:12 | コンドミニアム | Comments(0)