人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

この旧正月のお休みにとある近場のリゾート地に行って来ました。
そこでご主人が欧州某国の方でずっとご主人の国に住んでいて2年ほど前にベトナムのホーチミンに引越しした、と言う方とお話する機会がありました。お母さんは日本人です。

私が子供達と日本語で話しているのを聞いて話しかけて下さったのですが、シンガポールに住んでいると言うと、「日本人学校に通ってらっしゃるのですか?」と聞かれたので「いえ、インターナショナルスクールなんです。」と言うと、「日本語がこんなにしゃべれていいですね。」と言って下さいました。

ご主人の国では都市部では無かったので日本語補習校もなく、チャレンジ等の通信教育でがんばったそうですが、学校に行き始めてからはご主人の国の言葉のみになってしまい、ホーチミンに引越ししてから日本語補習校にも行ったけれど、すでにかなり日本語が遅れていてストレスになってしまい諦めたとおっしゃっていました。

シンガポールをはじめ、バンコクやジャカルタにも日系塾が進出して日本語での勉強には非常に恵まれた環境にあります。上海、北京、香港もそうですよね。我が家の子供達も、もしずっとアメリカに住んでいたら今頃は日本語がほとんど出来ない状態になっていたと思います。実際シンガポールに最初に住んだ時には子供達は兄弟同士英語になっていましたし、その後日本に引越しした時も下の子は幼稚園で同じハーフの子を見つけて英語で話しかけていましたから。

いずれ日本に戻る日本人駐在員のご家庭とはまた違う意味で国際結婚をした家庭での日本語と言うのは大きな意味があります。特に配偶者の国に住んでいると、日本人としての自覚とか文化とかそう言った物を自分の子供達に継承して生きたいと言う思いが強くなります。これは日本人同士のご家庭よりも強いのではないかと思います。

それでも言語取得は環境が大きいので、日本語を諦めてしまうと言う話はよく耳にします。これはこれで仕方がないと思います。

日本人駐在員家庭が多いアジアの都市に住むと言う事は、国際結婚をしてハーフの子供達を持つ家庭にも日本語をキープするには非常に恵まれた環境である事をしみじみ感じました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2013-02-16 23:13 | Daily Life
今日から旧正月のお休みに入るシンガポールです。

お店やスーパーもお休みと言う事で、昨日一昨日辺りはスーパーのレジには長い列が出来ていました。ちょっと前までは日本の年末もそうでしたよね。どことなく懐かしい光景でした。新聞によるとシンガポールでも旧正月でもオープンするお店が増えて来ているとの事でしたが...。

さてタイトルのお話ですが、シンガポールのインターで学費以外にかかるお金の大きなものと言えば、

・スクールバス
・制服
・学校からの旅行(School Trip)

の3つだと思います。
その中でも一番大きなのは「School trip」です。日本だと修学旅行や林間学校に相当すると思いますが、大きな違いは、

・毎学年ある

だと思います。(インターにもよると思いますが、4年生位から8年生までは毎学年と言う学校が多い。)

そして積立てとかではなく、その都度一括払い。
金額もS$300ドル前後からS$3000以上と、学校や行き先によりマチマチです。基本全員参加ですが、参加しない(出来ない、親の方針やアレルギー等でしたくない)生徒もチラホラいるみたいです。

シンガポールは狭いので、学年が上がると近場のマレーシアやインドネシアに行く事も多いのですが、なんでもシンガポール政府の要請で、

「旅行先がシンガポール国外の場合は学費に含める事が出来ない」

んだそうです。なので会社負担のご家庭には学校から会社に一筆書いてくれます。

この学年全体で行く旅行の他に、ご丁寧にも学校では長いお休みの時には、「希望者が行ける旅行」も用意してくれています。

・中国への語学研修旅行(ほとんどのインターが北京語を外国語として教えている)
・スペインへの語学研修旅行
・スイスや日本、韓国へのスキー旅行
・カンボジアへのボランティア旅行
・オーストラリア、ニュージーランドへのアウトドア体験旅行

等など...。

これらの旅費はかなりな金額になるので親としては頭が痛い...。
学年によって参加出来る旅行が決まっていたりするので、「今しか出来ない」とか「友達が行くから自分も行きたい」等いろいろ言い出し、親としては本当に頭が痛いところです。

もちろんお休み中の旅行は自由参加です。
ただ、家族で行けば「普通の観光旅行」で終わってしまいますが、学校主催の旅行はいろいろがプログラムが用意されているので、家族旅行では経験出来ない事がたくさん出来るので、とても魅力的である事は確かです。

しかし、金額もS$5000以上かかるものも多いので、そうそう毎年行かせるわけにも行かず...。

学校によってある学校とない学校があります。申し込まれる時に学校にお問い合わせすると予定が立て易いかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2013-02-09 12:20 | International School