人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0223481_22143186.jpg

2014年夏に開校するDulwich College Singapore。
Parent Information Sessionなるものに行って来ました。

私はイギリスの学校のシステムもほとんど知りませんし、Dulwich Collegeがどんなに学校なのかも全く予備知識がないのですが、ロンドンのそれは創立1613年とか言う事で、

「ひぇぇ~、徳川家康が江戸幕府を開いてちょっとしてからじゃん!」

と驚きました。

大河ドラマ「八重の桜」の舞台会津藩の藩校「日新館」が、
”日新館創設より更にさかのぼること寛文4(1664)年、日本で初めて民間により創設した庶民のための学問所といわれる「稽古堂(けいこどう)」とされています。”
だそうなので、その50年前創立。とにかく歴史ある学校です。

ただ、ロンドンのDulwich Collegeとは別に「Dulwich College International」と言う上海にある組織によりこちらは運営されていると言う事です。

校長先生自らの説明会でしたが、とてもわかり易いイギリス英語を話す明るい先生でした。学校の先生と言うよりもちょっと「やり手のビジネスマン」と言う雰囲気でもありましたが...。

私がこの説明会に参加して「あぁ、こう言うインターが欲しかった!」と思った事がひとつありました。それは校長先生が、

「インターナショナルスクールであるけれど、イギリスの伝統ある私立学校の良さを取り入れたい。それは、マナーをきちんと身につける躾です。」

と、はじめの頃におっしゃった事でした。

それはとても良かったのですが、お話が進むうちにこの学校に入学、転入するには「お受験」をしないとならないと言う事がわかって来ました。

説明会の会場はNovenaのUnited Square Office Towerにある事務所だったのですが、会場にはIKEAの子供用家具が置かれたかわいらしい部屋がありました。説明を聞くまでは、そこは説明会に子供連れで来た人たちの為の「子供が遊ぶスペース」だと思っていたのですが、どうやらそこは6歳以下の子供達の「お受験会場」だったみたいです。
ちなみにその隣にはPCが何台か置かれた部屋があり、そちらは7歳以上の子供達が試験を受ける部屋でした。

学校HPのAdmissionsにも書いてある様に、この学校は志願者全員が試験を受けると言う事で、私が知ってる限りではシンガポールのインターナショナルスクールでは初めての「2歳児クラスからお受験があるインター」と言う事になるみたいです。

日本でも有名私立幼稚園ではお受験がありますからインターでそれがあってもおかしくはないと思いますが、Nursery/Reception(3歳、4歳児クラス)はオムツが取れている事と言うのとお受験が今ひとつマッチしない様な気もしないでもないですが。親子面接もあるみたいです。

Year3ーYear6(小2-小5)は筆記試験(PC)があり、Senior Schoolとなると60分間のエッセイ作成も課せられます。

と、ここまではHPにも書いてあるのですが、校長先生がおっしゃるには
「Top 30%の子供が欲しい」と言う事で、お勉強系インターを目指してらっしゃるのだと思いました。説明会の後の父兄からの質問で、

「兄弟で受験した場合の考慮はあるのか?」

に対しても、

「兄弟同じ学校に通うのに越した事はないが、我が校のカリキュラムについて行けないお子さんが入学してもその子の為にはならないので、成績によっては両方受入れられない事もある。学校経営上のお金の為に入れると言う事はしません。」

とおっしゃっていました。

こちらの学校はYear 10, Year 11(Grade 9, Grade 10)でIGCSEを、Year 12, Year 13(Grade 11, Grade 12)でIBDPを履修します。UWCSEAと同じです。来年度2014年の開校時にはとりあえずYear 9(Grade 8)までの募集となるのですが、翌年にはIGCSEが始まるので、

「IGCSE、IBDPですが、どの教科をOffer出来る予定ですか?」

と聞いてみたのですが、

「その時点で生徒の取りたい教科を出来るだけ履修出来るようにする。」

と言う事で具体的な教科は教えていただけませんでした。

日本の小学校受験の様に、こぐま会のプリントやら「お箸で小豆をいくつ違うお皿に移せるか」やら、1対1のテストなので「集団行動観察」もないのでしょうね。

ちなみにうちの子はアメリカでキンダー受験を経験していますが、遊びの中で知らない間に試験をされていた、と言う感じだったのですがその中で色の種類をいくつ言えるかとか巧緻性を見るテストとかいろいろ工夫されているな、と思いましたが2歳、3歳となるとどうなんでしょう?

b0223481_2203724.jpg


新設インターだからかどうかわかりませんが、シンガポール政府からは5エーカーの土地しか貸してもらえず、JBに開校したマルボロ・カレッジに比べると施設が非常にこじんまりしてしまう、とは校長先生の弁。これは仕方がない事なんでしょうね。

私個人の印象としては、小学校低学年までだとそんな冒険とは思えませんが、我が家の様に学齢が高い子供がいる場合は、すぐ先のIGCSEやIBDPを考えるとちょっと「賭け」になるかなぁ。IBDPとなるとまず最初に良いIBコーディネーターが必要になるし、先生を集めるのも大変だと思います。

でも、インターナショナルスクールに欠如しているマナーや躾は魅力的です。うちの子供達がもう少し小さかったら、と思ってしまった説明会でした。

あ、忘れるところでしたがこちらの学校はUWCSEAやSingapore American School、Tanglin Trust Schoolとは違いProfit schoolとなり株主さん達がいらっしゃる学校になるとの事です。中国や韓国にあるDulwich College Internationalへの転校は保証出来るけれど、ロンドンのDulwich Collegeへの転校は保証は無し(男子校なので女の子はもちろん出来ない)との事でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2013-05-23 22:40 | International School
このところ暑~い日が続いている乾季真っ盛りのシンガポールです。

大概の方はシンガポールで住居を選ぶ時は不動産エージェントさんにホテルやサービスアパートメントに車で迎えに来ていただいて、一日何軒時には十何軒ものコンドミニアムをViewing(内覧)されると思います。

クーラーの効いた快適な車で素敵なエントランスのコンドに到着して、ユニットを見学してまた快適な車に乗って次のコンドへ。プールやプレイグランドを「やっぱり南国だから暑いわねぇ」等と言いながら見学しても車に乗ったら汗も引く。

シンガポールでも車を利用する予定の方や、タクシー利用前提の方にはあまり関係ないとは思います。しかしバスやMRT等の公共機関を主に利用しようと考えてらっしゃる方は、Viewingで気に入ったコンドがあれば是非一度歩いてみる事をお勧めいたします。

と言うのは私は前回これで失敗したのです。

053.gif最寄のスーパーまでは徒歩3分もかからず(家からは少しの下り坂)。
053.gifたくさん買う時はデリバリーを頼めばいいから問題無し。
053.gif最寄MRT駅まではちょっとあるけど普段はタクシーを使えばいいからバスが無くても大丈夫。

実際住んで生活し始めると、上記の事がことごとく後悔に変わって行きました。

特に「徒歩」に関しては、暑い季節や豪雨の時は手も足も出なくなってしまいます。みんな考える事は同じなので、特に雨の日はタクシーも捕まらない。小さい子供を抱えて泣きそうになった事が何度もありました。

ベビーカーに乗る年齢のお子さんがいらっしゃる方はご近所の歩道の状況もチェックされると良いと思います。

シンガポールの道はオーチャード通りの高島屋側の様に歩道が広く整備されているのは観光客が集まるエリアにはありますが、少し観光客エリアから離れると凸凹の歩道がたくさんあります。道沿いに歩いていると急に歩道が無くなる事も。

もう一つは「坂」です。
微妙な坂道も結構多いので、近くのスーパーでの買い物も考慮されている場合は「帰り道が登り坂かどうか」もチェックされると良いと思います。デリバリーする程ではない買い物の時、帰りが登り坂だと小さい子供を連れていると結構大変です。

もちろん普段から鍛えていて「登り坂なんてへっちゃら!」と言う方や「ベビーと一緒に運動よっ!」とジョギング用のベビーカーで颯爽と駆け抜けて行かれるママさんはきっと大丈夫です。万年運動不足のヘタレアラフォー(当時は)の視点です(笑)。

最近はネットで注文出来るスーパーもあるので、赤ちゃんや小さいお子さんがいらっしゃる方はそれを利用される方も多いでしょうから、お買い物にはあまり困らないかも知れないですが。

いろいろ書きましたがお住まい探しの時もしお時間があれば、

・最寄の駅、バス停から
・歩いて行ける近所のスーパーから

一度歩いてみる事をお勧めいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2013-05-19 11:17 | コンドミニアム
そうこう言っているうちに長~い夏休みが始まります@シンガポールのインターナショナルスクール。母国に帰って夏休みの大半を過ごすお家は良いですが、諸事情によりシンガポールで夏休みを過ごすご家庭に不可欠なのが、「サマースクール&サマーキャンプ」。

以前にもご紹介したこちらシンガポールの外国人駐在員向け雑誌「Expats Living」のWeb siteに2013年度のサマーキャンプ、サマースクールのリストが載っています。

Summer camps and summer schools 2013

お馴染みのCIS(Canadian International School)やISS(International School of Singapore)のサマースクールに加え、スポーツ系アート系お勉強系といろいろなサマーキャンプがListingされています。

今年は新しく、Village Campと言うのがシンガポールでも開催されるそうです。年齢も13歳までとちょっと大きい子も参加出来るのもいいですね。場所はUWCSEA East Campus。

リストには載っていませんが、UWCSEA Dover Campusでもサマーキャンプがあります。
Holiday Programmes
在校生以外のお子さんも参加出来ます。

長い夏休みですが、あの手この手で頑張って乗り切りましょう~!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2013-05-18 11:35 | Enrichment Classes

Exam Week・学年末テスト

オーストラリア系インターを除くほとんどのインターナショナルスクールは5月末から6月にかけて学年末を迎えます。

日本同様、Middle Schoolになると「Exam Week・試験週間」があるインターも多くあり、我が子達が通うインターも、もうすぐ始まります。

今回は学年末テストと言う事もあり、ご本人達まじめに試験勉強にとりかかっているのかと思えば...。

「やったぁ~!今日は金曜日だぁ~!ゆっくりしーようっ016.gif」と声が聞こえて来ると思えば、「宿題終わった~!ゲームしよう~060.gif」と言う声も聞こえて来ます。

あれれ?来週から試験じゃなかったっけ?
私が中学の頃は試験週間に入ると部活もお休みになり、家に帰って試験勉強をした覚えがあるんですが、どうもわが子達にはそのそぶりが見えない...。

こんな調子で大丈夫なんだろうか?

と不安になるのですが、見ていると試験の形態が私が経験したものとはちょっと違うんですよね。

例えばScienceのテストの前には授業で習った後に質問だけが書かれたプリントを持って帰って来ます。その質問に沿って自分でリサーチをしてレポートをまとめます。そしてそのレポートを持ってテストを受けるのです。なので、リサーチ不足やレポートが貧弱だとテストの点数も上がらない。Gradeはレポートとテストの点と両方で付きます。

大まかに言うとこんな感じです。

こう書くと、「おお、日本の暗記中心の勉強とは違っていいんじゃない?」と一瞬思ったりもするのですが、やはり「暗記」「詰め込み」が必要な部分も勉強には必要じゃないかと思うんですよね。と、あくまでも日本式勉強法に拘る母なのですが。

もうここまで大きくなると私なんかが教えられる事なんてありません。ESLから始まった下の子もメインストリームに移る少し前辺りから私には無理。上の子に至っては母はちんぷんかんぷんです。

自分で勉強の仕方を習得して行くしかないですよね。自分の勉強の仕方が悪くてGradeが低く付いたら、次回はどうすれば良いか。それを自分で解決して行くしかないと思います。

なんて、偉そうな事を書いてはいますが、夏休み前にReport cardの点数を見てガッカリするであろうと思うのですが...。

「何でこんな点数だったの?」「なんで出来なかったの?」
ではなく、
「じゃぁ、次はどうすれば良いの?」
等、自分で自分の弱点を見つけて解決して行く方法を導けるようにしたいと思うのですが...。

どうしても点数だけを見てしまいがちです。今年の学年末、どんな結果になるでしょう~?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2013-05-11 11:53 | 学校生活(Middle School)