人気ブログランキング |

シンガポールのインターナショナルスクール事情、来た時は、小学生&中学生だった子供達も高校生になってしまったシンガポール在住ウン年目の駐在生活のなんだかんだをぽちぽち書いています。


by singaporemerengue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ランチメニューと言うのは、お得なものが多いのですが、週末など家族で外食する時には「平日限定」と言う場合が多く、ちょっと子供達に罪悪感なんて感じる事がたまにあるのですが。(夫は接待などで私なんかはランチでも行けないようなお店に行くので、罪悪感あまりなし)

週末オーチャードへ買い物へ出た時に立ち寄ってみたJapan Food Townで、週末も平日同様のランチメニューを提供されているのを発見!子供と一緒にお寿司ランチを楽しんで来ました。

b0223481_18330384.jpg
週末に平日と同じランチメニューを見つけると、なんだか嬉しい。

b0223481_18324327.jpg
満腹握り寿司
これが上寿司になると「とびっこ」が「いくら」になるんですが、お値段的には仕方がないのかも。

b0223481_18355097.jpg
こちらは江戸前寿司
やはり「とびっこ」。二つあるのは、子供がくれた「とびっこ」。
どうも、あまり好きじゃないみたいです。

こちらのお寿司、江戸前と銘打っての通り、ご飯が少なめです。
週末、このお値段でこれだけのレベルのお寿司がいただけるのは嬉しいですね。茶碗蒸しも付いています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2016-09-26 18:42 | Daily Life
この夏休み。子供が日本一時帰国中にTOEFL受験の為に通っていた塾で、ある日本人の男子学生君と話す機会がありました。

彼は日本の高校を卒業後、アメリカのコミュニテイーカレッジに入学、3年次からアイビーリーグの一つの大学に進学が決まり、夏休みが終わったらまたアメリカへ戻る、と言うお話しをしてくれました。

私が大学名を聞いた時に(塾の受付のお姉さんが説明してくれた)、

「うわぁ、すごいね!よく頑張ったね!」

と言うと、

「ありがとうございます。日本ではあまり知られてない大学で。高校の先生さえ知らなくて。そう言っていただいて嬉しいです。でも、これからは学費も高いので両親には一生頭があがりません。」(普通に有名大学なのに、高校の先生もご存じないのは私も驚いた)

と、超絶好青年なお答え。

もう、うちの子供にツメの垢煎じて飲ませたいと思いましたよ。

インターナショナルスクールには、いろいろな家庭環境の子供達が通っているのですが、学費の高さからやはり経済的に余裕のあるご家庭のお子さんが多いのは日本同様シンガポールも同じです。なので、学費が高額なアメリカの大学へ進学する事になっても、アメリカの高校生が奨学金やグラントを拾い集めるかき集める様な話は、あまり聞く事もありませんし、またInternational studentsに出される奨学金は数も少なく(日本在住だと日本の奨学金制度を利用出来るけど、海外の学校からだとそれも出来ない)、Merit baseの奨学金を受験時に申請すると難易度も上がってしまうので、学校のカレッジカウンセラーもその辺りの知識はあまりありません。

この超絶好青年の彼の様に、

日本の高校卒業~アメリカのコミュティーカレッジ~4年制大学編入

と言うルートは、私が若い頃からよく聞くルートではあります。しかし、実際このルートは「言うは易し行うは難し」で4年制大学(それもアイビー)に行く人は、本当に信念を持って勉強しにアメリカに留学した人たちだと思います。コミカレ卒業(下手したらESLさえも終了せず帰国と言うパターンも多し)して、その州の州立大学に編入して学位を取るのだけでもすごい事だと思うのですが、編入先がアイビーリーグだなんて、本当に彼は頑張ったのだと思います。

最近の日本の大学生は「内向き傾向」が強く、大学在学中に行ける交換留学生制度なども志願者が少なくなっている、等とニュースで聞いたりしていたので、こう言う青年に出会うと頼もしく思います。

海外の大学に進学する際、どうしても大学のネームバリューを重視してしまいがちです。特にアメリカの大学は学費が高く、親としても、こんなバカ高い学費を出すのに、”え?なんですか?その学校?”と言われる大学に進学させるのを躊躇してしまいます。ましてやインターナショナルスクールからコミカレに進学はほとんど聞いた事がありません。

でも、本当にアメリカで勉強がしたくて、目標がしっかりしていれば、高校卒業時に進学する大学のネームバリューなんて大きな事ではない、自分の頑張り次第でその先にはいろんな可能性がある、それがアメリカの大学の良い部分だった。

そんな事を、自分の子供の大学進学を控え、改めて考えさせられました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2016-09-25 08:28 | Daily Life
前回、7月にオーチャードのWisma4階に「Japan Food Town」がオープンした記事を書きましたが、なんと9月9日に今度は伊勢丹スコッツ隣のFood Republicの奥に

「Japan Food Garden」

なるものがオープンしていました。

b0223481_10312209.jpg
Food Republicの奥の方です。

フードコートの一角に5軒の日本食のお店が固まってあります。
お蕎麦と丼、Genki Japan
うなぎ、赤坂有燻
Bear’s Curry Café & Bar
お寿司とおばんざい、Banzaiya
鉄板焼き、Gyu Tetsu Tokyo

b0223481_10331056.jpg
こちらのお店では「せいろ蒸しウナギ」が50%オフでした。
ご飯にも味が付いているので、子供も喜んで食べてました。
美味しかったです。

b0223481_10334816.jpg
おばんざい屋さんは、定食屋の様に自分で取るシステム
ナスのおひたしやひじき。
お店の方によると、全て手作りなんだそうです。

写真を撮り忘れましたが、一角にはBarもあるので、そこでビールや(ハイボールもあるそうです)飲み物を買って、ここのおばんざい屋さんで「あて」を買えば、レストランに行かなくても、ちょっと一杯ひっかけるにはちょうど良い感じ。

家族やグループで行く時は、それぞれ好きな物を食べられるフードコートシステムは便利ですが、それ以上に、フードコートで日本食が食べられるのは、お一人様ランチ派には超嬉しい!

なぜ、今頃こんなに日本食レストランがオーチャードに次々とオープンするのかわかりません。もうすでにいっぱい本格的な日本食レストランはある様な気がします。しかし、ランチはともかくディナーとなると、家族で、それも食べ盛りの子供達を連れて行くには、高額なお店が多いので、手軽に「日本人経営」(ここ大事)の日本食が食べられる様になる事は嬉しい限りです。

伊勢丹に買い物に行ったついでに寄れるのも便利かも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by singaporemerengue | 2016-09-11 10:54 | Daily Life